神楽出版企画:作品例:酒の記事・書籍


トップ頁・作品例


履歴・職歴他

ご依頼・お見積もりなど

アメーバーブログを表示


主な作品例


@shiozawayujiのtwitterを表示


本サイト内のテキストや画像の
無断引用・転載を禁じます。



利き酒師です。蘊蓄だけではない楽しみ方を提案。蔵を地域社会の拠点に、酒を「食文化の可能性」として見つめています。


 90年代後半、日本航空機内誌「winds」の編集者として、国内の酒特集を担当しました。世界に冠たる技術を持つ日本の酒造りは、造り手の思いも相まって本当に奥深い。でも、それだけではなく、地域の食文化、人の関わり、農業の一部としての「和酒」には大きな可能性にがあります。
 フリーランスとなり、酒への思いの基盤として書いたのが次の文章です。

参照記事1「素顔の芋焼酎」焼酎ブームの中で、あまり語られなかった地元の焼酎観
参照記事2「東京屋台考」東京の酒文化を支えた、消えていった屋台たちの最後の姿
参照記事3「横濱 ふたつの顔」横濱桜木町駅をはさんだみなとみらいと野毛。どちらも私の大好きな横濱です。


単行本
『ワインが楽しく飲める本』(PHP文庫 2008年)amazonはこちら

『梅酒を知る、飲む、愉しむ―梅酒完全ガイド 収録本数全153銘柄』(東邦出版 2006年)amazonはこちら

『東京ちょい飲み巡り』(ネコパブリッシング 2005年)amazonはこちら
 
『金城祐子さんのはたらくココロエ―周囲の期待に応えるコツ、教えます!』(大宙出版 2005年)amazonはこちら
 南大東島のサトウキビで国産ラム酒「COR COR」を造る蔵元グレイスラムの金城祐子社長のエッセイ。



雑誌記事
連載記事「自酒」シリーズ
(小学館「週刊ポスト」「女性セブン」 2009年〜2010年8月 第20回までと 2010年12月末のスペシャル版を担当)
記事の内容一覧はサイト内のこちらを参照

 「週刊ポスト」「女性セブン」にて、不定期で掲載。鹿児島の芋焼酎『宝山』(西酒造)を取り上げ、蔵人、小売り、飲食店、そして原料を育てる農家の人々を紹介。人は、酒とどう出会い、「自分の酒」として何を語るのか……。全国の家を継いだ酒屋さん、料理にこだわる飲食店さん、これからを考えている農業関係者の方にも読んで欲しい記事です。


撮影 倉部和彦(左記事) 渡邉茂樹(右記事)

過去の記事
・「東京ウォーカー」夏限定。東京の地酒(角川書店 2004年7月)
・「東京ウォーカー」本格焼酎は多摩の店で買う・飲む!(角川書店 2004年7月)
  当時、武蔵野・多摩地区の街情報を扱う「west saide」の頁を担当。東京の清酒蔵もたくさんあります。
・「ジェネレーション・ナビ」本格焼酎の選び方・飲み方(マイクロマガジン社 2006年12月)
・他に「週刊ダイヤモンド」の日本酒特集、焼酎特集なども担当しました。










機内誌
素顔の芋焼酎(スカイマークエアライン機内誌「smaile」 2004年3月)
 1999年2月。九州を北から南に縦断する旅の中、鹿児島で「芋焼酎のお湯割り」に出会いました。「臭い」というイメージとはまったく異なるその飲み物に魅了され、依頼、焼酎との長く、深い関係が続いています。記事はサイト内のこちらを参照してください。


「南九州本格焼酎陶酔紀行」(日本航空機内誌「winds」 1999年9月)
「幸せに 秋田の地酒」(日本航空機内誌「winds」 2001年11月)
「泡盛とミーフガーの月」(日本航空機内誌「winds」 2002年6月)
 1998年から2002年まで当時の機内誌「winds」編集部に所属。各テーマ毎に広域で複数の蔵を取材することができました。時期的にも、秋田では県内産酒造好適米への取り組みが本格化し、南九州では、地域の中で模索する焼酎蔵の姿を見ることができ、取材時には同時多発テロ直後で観光客が激減した沖縄で、地域の暮らしの中で飲まれる泡盛本来の姿などを見ることができました。これらの取材経験が、現在の酒への眼差しの基本となっています。

鹿児島・熊本・宮崎の焼酎蔵 撮影 鈴木豊



秋田の清酒蔵 撮影 坂本道浩



沖縄の泡盛蔵 撮影 上野敦




その他の作品例

  ■著書・執筆書   ■編集担当雑誌・PR誌

  ■執筆担当記事   ■ウェブコンテンツ

  ■東京都多摩地区の写真集

  ■カテサイ!(家庭菜園の事例ブログ)



メールでのお問い合わせはこちらから