神楽出版企画:作品例:著書・執筆書


トップ頁・作品例


履歴・職歴他

ご依頼・お見積もりなど

アメーバーブログを表示


主な作品例


@shiozawayujiのtwitterを表示


本サイト内のテキストや画像の
無断引用・転載を禁じます。




単行本(著作)
『カテサイ! 家庭菜園は失敗も楽しい』(マイクロマガジン社 2007年)amazonはこちら
 市民農園や自宅の猫額(ネコデコ)菜園で体験した家庭菜園の「失敗大全集」エッセイ。「失敗しないため」の実用書よりも役立ちます。時節に関係ない内容なので、再編集や文庫本化して生き返らせたい作品です。ご検討くださる出版関係者様には、本、もしくは企画書をお送りします。出版元のHPで立ち読みできます。こちら。

『ここまで壊れた日本の食卓 』(マイクロマガジン社 2007年)amazonはこちら
 今やすべての日本人が生活習慣病予備軍となった。医療の現状、食の歴史、食の現状に目を向け、日本の食をたどり、未来に向けた解決策を探る。食の安全、健康志向の社会性、統計から見た日本人の変化など、1次データから見えてくる食と健康の景色。卒論を書く学生に役だったようです。

『吉田兄弟という生き方 』(宙出版 2005年)amazonはこちら
 「兄として、負けるわけにはいかない」「兄に勝つことだけが目標だった」そんなふたりの個性が響き合い、生まれた「吉田兄弟」の津軽三味線。海外でも高い評価を受けるふたりの表現者のこれまでとこれからを描き出しました。

『できる子はやっぱりそろばんをやっている―なぜ、計算だけではなく全ての勉強に役立つのか? 』(青月社 2007年)amazonはこちら
 そろばん教育の現場に足を運んで取材を重ね、その実際と可能性を探りました。「そろばんに何ができるか」だけではなく、親子で取り組む教育とは何かを考えるきっかけにもしてほしい本です。




単行本(執筆・制作)
E『金城祐子さんのはたらくココロエ―周囲の期待に応えるコツ、教えます!』(宙出版 2005年)amazonはこちら
 南大東島のサトウキビでラム酒を造る。まったくゼロからの地酒造りドキュメント。
F『山内純子さん流お仕事上手のハッピー・ヒント―気持ちを伝えるシゴトがしたい人のために』(宙出版 2005年)amazonはこちら
 ANA執行役員客室本部長の山内純子さんが、顧客満足度100%をめざすサービス業の現場のすべてを公開。
G『これで身も心も軽くなる!ウオーキングの基本 (るるぶDo!)』(JTBパブリッシング 2007年)amazonはこちら
H『世界の有名一族』(PHP文庫 2009年)amazonはこちら
I『アウトな敬語、セーフな敬語』(PHP研究所 2008年)amazonはこちら




他の作品例

  ■編集担当雑誌・PR誌

  ■執筆担当記事   ■ウェブコンテンツ

  ■酒の記事・書籍   ■東京都多摩地区の写真集

  ■カテサイ!(家庭菜園の事例ブログ)



メールでのお問い合わせはこちらから